スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メモリーバッファーDDCの改良(1)

ElectrArtさんの基板を使ったメモリーバッファーDDC。
これはだいぶ前に作って既に絶賛活用中で、音も良いし完成、のつもりでしたが、、、

この機器は、その上流側の音の悪さを、ある程度抑制してくれてますが、
foobarで音楽を聴くと、その音の悪さを抑制しきれていないことが分かりました。
というわけで、もっと抑制して欲しい!と思い、電源の強化に着手しました。



やることは単純です。
現在の電源は無帰還タイプなんですが、これをカニ式の帰還タイプに置き換えるだけ。

置き換えにあたって、トランスの再レイアウトだとかに少々苦戦しましたが、
なんとか完成しました。
MEMBUF_201.jpg
相変わらずスパゲッティ配線が酷いですが、、、これは、もう修復の仕様がないので、見なかったことにします(笑)


さて、これで音が良くなってくれるかな?
とりあえずの目標は、再生ソフトにfoobar2000を使って、playaudio並の音を出すことです。
しばしのエージング後、音を聴いてみると、、、

やり~っ!激変!
以前は潰れて聞こえていた高域のシンバル音が、完全に分離しています。
細部のニュアンスが見えるようになりました。
この分解能は、メモリーバッファー無しのplayaudioをあっさり凌駕してくれています。
なんだ~。メモリーバッファーよ、君はやればできるじゃないか!

次に、ちょっと視点を変えて、この改良メモリーバッファーで
ソフト毎に音が変わるのか、も確認してみました。
foobar2000、PlayPCMWin、playaudioの三つを聴き比べてみましたが、やはりそれぞれ違いが出ますね。
音がちょっと硬めのfoobar、響きの多いPlayPCM、音が優しいplayaudio・・・
ただし、差はわずかみたい。
メモリーバッファーDDCの音質改善効果が支配的のようです。

このメモリーバッファーDDC、接続機器による音質差を圧縮するツールとして、キット化するのもアリでしょうね。
でも、他にもやりたいことがいっぱいあるので、やるとしてもずっと先かな~。


どうもカニ式電源は、デジタル側への音質改善効果が大きいようですね。
無帰還電源とは、音数や分解能が違います。
FN1242、DAC9018D、メモリーバッファーなどで、その激変が体験できました。
(DAC1704のDAI&ジッタクリーナ部では、唯一、効果が低かったんですが、あれはなんでだったんだろうな?)

ただし、分解能やダイナミックレンジが向上していくせいで、多用すると、だんだんキツい音になっていく傾向がありそうです。
今回のメモリーバッファーも、「分解能は上がったけど、もう少し耳あたりを優しくしたいな」と感じる部分があります。
そんなわけで、カニ式電源は、マイルド系のパーツをチョイスしたほうが、バランスが取れるのではないかと思います。
音が全部聴こえるのに耳あたりが良い、という、ハイレベルなバランスが期待できそう。

例えばDAC9018Dの時みたいに、電源ケーブルをLi50 OFCに変えると、すごくバランスが良さそう。
今のメモリーバッファーには、よく分からない安物ケーブルを付けてしまってます^^;
これ、絶対に効く!次の給料日には、オヤイデにLi50を注文しちゃうぞ!


・・・最後に、話は変わりますが、
トラポのリファレンスとして、こんなものを入手していたり、、、
SDTRANS.jpg

次回は、これとの音質比較をしてみましょう!

スポンサーサイト

てことは

ジッタクリーナでも電源を変えると良くなる可能性がありそうですね。
今まであまり効果がないと思っていたのは3端子のせいだったかも。

Re: てことは

う~ん。性能だけ見ると、ジッタクリーナさえあればジッタはかなり抑えこめるはずなんですが、
実際には、ジッタクリーナがあっても、メモリーバッファを追加したりDDCを変えたりするとそっちのほうが激変しますね。
不思議ですが。。。
ジッタクリーナは最後の隠し味というように考えています。

ジッタクリーナの電源を変えても効果はあるんでしょうが、
音が変われば儲けもの、ぐらいにお考えのほうが良いと思いますねえ。

SDtrans

カニさん

SDtransですね。あっ、いいなという感じ。インプレ待ってます。

Re: SDtrans

simonさん
こんばんは~。

私は運良くゲットできましたが、お持ちでない皆さんに申し訳なく思いますので、
ケーシングしたらレンタルしようかなと思っています。
少しお時間下さいね。

こいつが世間のトラポの基準ですよね。
こういうのと自分の機器を比べるのは、とても参考になりそう。
ぜひsimonさんも、お持ちのvortexと聴き比べて下さい!

Secret

プロフィール

カニ

Author:カニ
DACやアンプの自作がメインの、オーディオブログです。
自作基板の頒布も行なっています。カテゴリ「頒布」をご覧下さい。

ニアフィールドリスニングや、ポータブルオーディオにも手を染めたいんですが、いつになることやら。。。

繊細で柔らかい音
実在感のある音
を目指して、
ゆっくり、ゆっくり、潜航中。

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

最新記事

リンク

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。