スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィードバック型定電圧電源 必要な一次電圧について

頒布中のフィードバック型電源、そろそろ組みあがった方もいらっしゃるようで、
音についての感想もチラホラ聞こえてきました。

その中で「電源の出力電圧が、負荷時に結構下がります」という話を頂きましたので
カニのほうでも現象を確認してみました。

基板をご購入された方は、詳細をご一読下さい。



ご連絡いただいたのは、DAC9018Dなどのデジタル3.3V用の電源仕様の場合です。

カニもDAC9018Dのアナログ3.3Vに負荷抵抗をぶら下げてみて、
出力電圧を確認してみました。

①無負荷状態
 ※DAC9018Dに繋いだまま確認したので、実際にはこの状態で50mAくらい消費しています。
 出力電圧3.32V

②電流480mA(負荷抵抗6.9Ω)
 出力電圧3.31V

③電流800mA(負荷抵抗4.1Ω)
 出力電圧3.29V

④電流1000mA(負荷抵抗2.9Ω)
 出力電圧2.95V

このようになりました。
ん、優秀な気もしますが、私が試作段階で確認していた特性と違う・・・?
特に③④あたりから急に電圧がドロップするのが、気持ち悪いですね。

思い当たる所があったので、
上記の条件で、さらに一次電圧も一緒に測定してみました。

①無負荷状態
 出力電圧3.32V
 一次電圧11.3V

②電流480mA(負荷抵抗6.9Ω)
 出力電圧3.31V
 一次電圧9.8V

③電流800mA(負荷抵抗4.1Ω)
 出力電圧3.29V
 一次電圧9.1V

④電流1000mA(負荷抵抗2.9Ω)
 出力電圧2.95V
 一次電圧8.5V

ちなみに使用トランスは藤原さんのRA40(8-0-8V(0.7A))です。
整流ダイオードはSiC-SBD(C3D)

ん、現象がなんとなく分かりました。
3.3V出力の場合、一次電圧が9V付近を下回ると、出力のレギュレーションが悪化するようです。

この電源回路は、回路を簡素化してかつ高音質を狙った代わりに、
一次電圧がある程度高くないと、性能を発揮できません。

製作マニュアルには「一次電圧は出力電圧+5V以上必要」と書きましたが、
カニの計算が甘かったようです。
「一次電圧は出力電圧+6V以上必要」
に訂正させて頂きます。


既に電圧が低めのトランスなどをお使いの方は、大変申し訳ありませんが、
一次電圧を確認して頂けますでしょうか?

ちなみにカニも試作段階では低電圧のトランスを使用していました。
RSの一次側115V/二次側7V、15VAのタイプのものです。
この時は一次電圧8.9Vで動作していました。
多少、レギュレーションが悪かったはずですが、音質は他の種類の電源よりも明確に良いと感じていました。
出力電圧さえ所定の値が出ていれば、あまり神経質にならなくても良いのかもしれませんが、、、


もうひとつ、アナログ±15Vでの一次電圧も確認してみました。

①無負荷
 ※DAC9018Dに繋いだまま確認したので、実際にはこの状態で40mAくらい消費しています。
 出力電圧14.86V
 一次電圧23.6V

②消費電流500mA(負荷抵抗30Ω)
 出力電圧14.85V
 一次電圧23.1V

③消費電流750mA(負荷抵抗20Ω)
 出力電圧14.84V
 一次電圧22.8V

④消費電流1500mA(負荷抵抗10Ω)
 出力電圧14.55V
 一次電圧22.0V

ちなみに使用トランスは藤原さんのRA40(16-0-16V(0.7A))です。
整流ダイオードはSiC-SBD(C3D)

うーむ。藤原さんのトランスが強力すぎて、うまく調べられない。。。

しょうがないのでFN1242に使っている試作ロット基板のほうで確認してみると、
やはりトランスが強力できちんと評価できませんでしたが、
「一次電圧は出力電圧+3V以上必要」な感じでした。
こちらはマニュアル通りのようです。
スポンサーサイト

No title

こんばんは。
現在カニさんの電源を作製中です。DAC9018Dのアナログ、1.2V 3.3Vに繋いで見ましたが電圧降下はありませんでした。
この時点でも以前使っていた電源より音がかなり良くなりました。
これからデジタル3.3Vの調整をしていくところです。参考になりました。
ありがとうございます。

Re: No title

aizzakさん、こんばんは。

無事に音出しできたようで、こちらもほっとしました。

デジタル部の交換でも音がかなり変わりますよ。
アナログ部とはまた違った効き方です。

ところでエルナーのRFO入手しました。
そのうち記事にさせてもらいますね。
Secret

プロフィール

カニ

Author:カニ
DACやアンプの自作がメインの、オーディオブログです。
自作基板の頒布も行なっています。カテゴリ「頒布」をご覧下さい。

ニアフィールドリスニングや、ポータブルオーディオにも手を染めたいんですが、いつになることやら。。。

繊細で柔らかい音
実在感のある音
を目指して、
ゆっくり、ゆっくり、潜航中。

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

最新記事

リンク

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。