FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アキバ オーディオ道楽記

金曜日に、お仕事をサボらせていただき^^;ひさびさに秋葉原へ遊びに行ってきました。

(なんで平日にわざわざ行ったのかって?
 だって土日じゃいろいろ混むんですもの。。。)

有給使うからには、目いっぱい楽しまないと!
いろいろ試聴してきましたヨ。
今日は、オーディオオタクなカニの一日をレポートします^^



AM11時、電車に揺られること一時間半で、アキバに到着。
この街は、いつ来ても独特の雰囲気があります^^

まずはマルツへ出撃。
足りない部品を捕獲してきました。
店内をブラブラしていると、MTDAS01というUSBオーディオキットが目にとまりました。
SDカードで音楽再生が可能。。。?
ピュアオーディオ向けじゃなさそうですが、興味があるので、購入。
ついでにリンクマンのLMFQもゲット。こいつは先日評価したLGMFSと、音が違うのかな?

その後、コイズミ無線の店内を散策。
カニ「Alpair5置いてませんか?」
店員さん「製造中止でとっくに売り切れですよ」
カニ「^^;」
カニは今、ニアフィールドリスニング用に、Alpair5欲しい欲しい病にかかってます。。。


PM1時
試聴屋さんへお邪魔しました。
これが今日のメインイベント!

まずはこれを聴かせて頂きました。
JBLの376と2405Hだそうです。
AKB_001.jpg

久しぶりに大型の3wayを聴きましたが、フルレンジとは、全然迫力が違いますね。
特にベースの下のほうがブルンブルン言ってます。カニ家のAlpairの歯切れの良い鳴り方に慣れていたので、
そうだ。生ベースにはこんな音もあったよな、と、忘れていたものを思い出した気分でした。

そして一番の特徴は、金管楽器の音色!
こちらに向かってほとばしるような感じは、やっぱりホーンでしか出ないんですね。
いつかこれを、自分のオーディオシステムで鳴らしてみたいな。

しかしこれを鳴らそうとすると、
チェンデバ、追加のアンプ×2、
それに3wayの綿密な音の調整が必要だそうで。。。
やっぱりシングルコーンとはお金のかかり方がケタ違いです!
広い部屋の調達代も必要かな!
3wayは、定年まで、お預けかな~。。。


その次に聴かせて頂いたのは、、、
SATRIの最高峰、SHP-5516M×2!
AKB_002.jpg

この音はすごく気になってたんです。
SCA-7511k3を改造しても、この音に追いつけないようなら、購入するしかない、と思ってたので。。。
カニの改造SATRIを持ち込ませて頂き、SHP-5516Mと聴き比べました。
共に電流入力での比較。

結果は、、、
改造SATRIのほうが、カニの好みの音が出ていて安心しました^^
SHP-5516Mは、低域の余裕では改造SATRIを上回っていましたが、まあ、そんなに大きな差ではなかったように思います。

一緒に試聴をお願いしたケンメモさんから「改造SATRIは音の響きが抑えられてるね」というご指摘が。
わあ。あれだけの視聴で、それが聞き分けられるんですね!
たぶんこれは、改造SATRIの電源(カニ式電源)の音ですね。
カニは改造SATRIぐらいの音の響き、音の粒の小ささが、より生っぽいんではないかなと考えてます。
(まあそんなの、システムによって千差万別ですが^^;)

余興として、改造SATRIのアッテネータをNS-2B/SMMで聴き比べて頂きました。
やっぱりSMMの音数はダンチです。
でも、繋いだシステムによっては音がキツク感じる場合もあり・・・?
対するNS-2Bは、表情は乏しいものの、こちらのほうが中域に滑らかさがあり気持ち良く聞けました。

ううむ。。。
つくづくオーディオはトータルバランスなんですねえ。。。
自分のシステムでバッチリだったとしても、安易に「最高!」とか書かないほうが良いですね。
「音がこう変わりますよ。音の出方にこういう不満がある人には、合いそうですよ」
と書くべきですね。

カニが好きな音、というのも、はっきり分かった気がします。
blogのプロフィールに書いている通りの音が好き。
厚みや力強さは求めてなくて、繊細・柔らか・密度感や解像感のある、ピラミッドバランスの音が欲しいみたい。
一般的な趣向からは少しズレてるんでしょうが、この路線を、もう少し突き詰めてみたいな。


それから、SDTrans384の試聴です。
AKB_003.jpg
これはCAPRICEとクロックSyncオプションが付いており、DSD対応もしているバージョンです。
たくさん積まれているのは、別バージョンのSDTransやらDACやら。

試聴屋オーナーの山崎さんがSDTransをベタ褒めされていました。
高級トラポでも敵わない音を出す、とのこと。
ちょうどカニは、PC~DDC経由のSPDIF出力の音の悪さにがっかりしていた所なので、早くSDTransを導入しないとな~と思いました。

SDTransを使って、PCM24bit/176.4lHzとDSD64/DSD256の音を聴き比べさせて頂きました。
再生に使ったCAPRICEに限っての話かもしれませんが、音の差はそんなに無いよな~と、全会一致してしまいました。
DSD64はほぼ分からず。DSD256になってようやく、少し滑らかになったなーというレベル。
そのうち記事にしますが、PCMとDSDの差は、再生環境を同じにして比較すると、抵抗一本分の音の変化に満たないのではないかとカニは勘ぐってます。

それから、SATRIのフルバランス駆動、ということも体験させて頂きました。
フルバランスって、なんとなく「低域がしっかりするんだろうな」というイメージがあったのですが
それだけではなく、中高域に渡って全域で改善が見られるんですね。
解像度、彫りの深さなどがグッと良くなります。


他にもデジタルドメインのD-1bやら、はたまた試聴屋さんで企画中のDACやら、
いろいろな「試聴屋さんの今」を聴かせていただきました。
試聴屋さんって普段どんなことをしてるんだろう?と思ってましたが
連日、実験や試作を繰り返されているようで、とてもお忙しそうなご様子。
でも、楽しそうですね。オーディオライフを心から楽しまれてるんだな、と思いました。
カニも制作意欲がますますアップしました!
いや~大変親切にしていただいて、どうも有難うございましたm(_ _)m


さて、ここらでオーディオ道楽も「満腹」といったところですが、、、

PM6時、「デザート」を食しに、ダイナミックオーディオへ立ち寄りました。

いつぞや「カニはヘッドホンが苦手かも」と書きましたが
ホントにそうなのか、気になる機種をいくつか聴いてみました。
AKB_004.jpg
これは結構気に入りました。柔らかめの音です。

AKB_005.jpg
上とは真逆の音ですが、この機種の低音の出方が面白くて好きでした。

いろいろ聴いてみたんですが、
ヘッドホンって、原音追求系の機種でも、スピーカーの音には敵わないのではないか、と思いました。
ならいっそのこと、思いっきり色付けしてあげたほうが面白いし楽しめそうですね。


PM7時
ダイナミックオーディオを出て、その通りを御茶ノ水方面へ歩いていくと、、、
AKB_006.jpg
B-PUMP秋葉原店。
オーディオのお店じゃあ、ありませんよ。

ここは、こんなところです。
AKB_007.jpg
クライミングジムってやつです。
カニは趣味でクライミングやってるんですよ。
秋葉原に行く機会があったら、ここを一度利用してみたいな~と思っていたのでした。

さすが、都会のジムですね。
平日にもかかわらず、人がいっぱい!
女性が比較的多くて、GOOD^^

最近できたばかりで、初心者~中級者が多いみたい。
そのせいか課題のグレーディングも甘めの模様。
おかげでカニは初めて初段を登れました。ウレシ^^


楽しかったのでついつい登りすぎてしまいました。。。
日付が変わった頃に、ようやく帰宅。


や~疲れた。
とっても濃い一日でした~。
スポンサーサイト

平日の秋葉

私もよく関東に住んでた頃夜勤明けで平日に秋葉行ってました。

平日に部品集めて空いた時間に組み立て調整しておくと、休日にたっぷり試聴できますからね。

待たされずに済むのでさっさと帰って作業できるし、日曜定休の店が開いてて買い物が捗ります。

通販と違って予定外の部品を実物見てなんとなく買ってしまったり・・・

ここ数年は毎日のように通っていた老舗が閉店していたり、フィギュア関係の店に駆逐されて随分寂しくなってしまいました。


Re: 平日の秋葉

軍曹さん、こんばんは。

> 私もよく関東に住んでた頃夜勤明けで平日に秋葉行ってました。
私も何年か前まで都内に住んでいて、秋葉原へはよくチャリンコで遊びに行ってました。
オーディオ仲間は皆、行動パターンが同じみたいですね^^

> 通販と違って予定外の部品を実物見てなんとなく買ってしまったり・・・
最近は通販で済ます割合が多いんですが、
ラジオデパートのちっちゃいお店とか、鈴商とか、
買うものは無いのについつい立ち寄っちゃいますよね。

秋葉原でも、オーディオ系のお店が次第に消えつつありますね。
駅前にあった若松なんか、私が自作を始めたキッカケになったお店だったので、
撤退してしまいとても寂しいです。

Secret

プロフィール

カニ

Author:カニ
DACやアンプの自作がメインの、オーディオブログです。
自作基板の頒布も行なっています。カテゴリ「頒布」をご覧下さい。

ニアフィールドリスニングや、ポータブルオーディオにも手を染めたいんですが、いつになることやら。。。

繊細で柔らかい音
実在感のある音
を目指して、
ゆっくり、ゆっくり、潜航中。

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

最新記事

リンク

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。