スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抵抗の音(5)

今回の被験者は、DALE NS-5B、進工業 RG、ビシェイ MMU。
NS-5Bのみ750Ω、それ以外は1kΩ。

しかし残念ながら、今回の抵抗達は全て不作でした。
テンション下がってしまい、画像は無し(^^;
一応、記録として評価を残しておきます。

ここらで抵抗の追求も一区切りして、良い音を奏でる抵抗達のまとめをしてみましょうかね。

※6/14一部加筆修正



いつものシステム、いつもの方法での評価です。

①DALE NS-5B
少し前まで、弟分のNS-2Bと並んで、webでよく使用例を見かけましたね。
私も当時はよく使っていました。
しかし、その後、良い音の抵抗が次々と発掘され、今ではあまり見かけなくなってしまった印象があります。

音は、太めで陰性です。陰性の音というのは初めてですね。なんか、NS-5Bって暗さを感じるんですよね。
でもあまりネガティブな印象は無いです。クールとも言えるかな?それに巻専属特有の潤い感と合わさって、妙な色気がある気がします。
しかし分解能は、最高クラスの抵抗とは雲泥の差。PCNやPRPクラスと比べても大分落ちます。
まあ、これは、NS-5Bの音が悪いのではなくて、その後に見つかった抵抗達の音が良すぎる、と捉えるべきなのかな?
さんざん使ってきて愛着があるんですが、、、残念ながらもう使うことはない抵抗です。

※6/14追記
web上で調べてみると、NS-2BがREY等よりも音が良いと言われる方も多いようですね。
カニはオペアンプのNFB抵抗の1kΩ付近で評価しましたが、使う場所が変わると音の印象も変わるのかもしれませんね。
もしくは、巻線抵抗は高抵抗になると音が曇ると言われてますので、数百Ω以上だと音が変わっちゃうのかな?


②進工業 RG1608
薄膜チップ抵抗です。
進も昔はよく使われていた抵抗メーカーのようですね。
金田式では未だに健在なのかな?
カニも自作初期にはプレート抵抗をよく使っていました。

で、こいつの音ですが、、、
圏外、かな・・・?
ビシェイTNPWよりも大分解像度が落ちます。音のバランス自体は良いようですが。。。

③ビシェイ MMU
メルフ型のチップ抵抗です。
メルフは音が良いのかな?と、期待して試聴したところ、、、

ありゃ~。ダメダメです。
こいつも分解能が低い。
モールド臭くない自然な音な気もしますが、分解能の低さが全てを覆い隠してしまってます。
メルフだから音が良い、というわけには、いかないんですね。

***********************************

今までの評価で、だいたい、カニが気になっていた抵抗達の音の傾向は掴めました。
その中からハイレベルなものを、種属別に選んでみると、、、

【金属箔】
ビシェイVARが一押しです。今まで聴いてきた中で、最も自然な音が出る抵抗です。
次点でアルファMCY、まだ聞けてませんが、恐らくZ201も同じレベルなのかな?
アルファは陽性の音がするので、多用すると、色付けが濃すぎるかもしれません。

金属箔は、音が立体的に聴こえる、という素晴らしい特徴を持っています。
これは他の種類の抵抗では出せません。なんでかな?

【金属皮膜】
ビシェイSMMが一押しです。「金皮のVAR」と呼べる、自然な音です。メルフ型なのが難点ですが。
次点で利久ROとタクマンREY。爽快感の利久、透明感のREY、という違いがあります。
ただしREYは方向性があるので扱いが難しいかも。

【巻線】
OHMITEの無誘導巻線(黒)が最良ですが、Mills MRA-05もそれに肉薄する良い音です。
自然なOHMITE、陽性なMRA-05という感じ。

味付けとして面白いのが、OHMITE(茶)。カミソリのような鋭い音を出します。
あと、PCNのT53Eは柔らかい上質な音を奏でます。これはカニのお気に入りです。

巻線は独特の、潤い感のある音を持っています。これが聴いていて心地よいんです。
回路のどこかに混ぜたくなります。


上記以外で、「この抵抗のほうが音が良いよ!」というものがありましたら、教えていただけると有難いです。
比較評価してみます。


今までは、webの情報頼りにさんざん迷いながら抵抗を選んでいましたが、
頑張って比較してみたおかげで、もう迷わなくて済みます。
これからは、カニは自信を持って上記の抵抗達を使います。
6/14追記
早速、「LinkmanのLGMFSはどうですか?」というご指摘いただきました。
う、忘れてました。。。実は聞いたことがありません。。。
一晩で、自信が無くなっちゃいましたね(^^;
次回はLinkmanを取り上げてみます!


最後にオマケ画像をひとつ。
Resistor401.jpg
ビシェイSMMを使ったSATRI用アッテネータです。
メルフではんだ付けが難しいかと思いましたが、ピンセットで作業したところ、思ったほど苦労しませんでした。
むしろリードを切る作業が無くて、楽かも。。。
こいつの音は、次回のSATRIの記事で登場予定です。
スポンサーサイト

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

はじめまして。
最近ほかのブログでの書き込みを拝見してからお邪魔させていただいています。
カニさんのどの記事もとても興味の惹かれるものばかりでこれからいろいろ拝見させてただこうと思います。
ところで、抵抗の音質について調べていらっしゃいますが、私もいろいろ良いといわれるものは試してみました。本当は評価専用の回路を作って自分で比較するべきでしょうが、もしよければ比較の仲間に入れて頂けたらと思います。
追記であった、LGMFSも使っていましたが今回ご紹介したいのはアムトランスという会社のものです。ご存知でしょうか?もしご存知でしたらご勘弁ください。
最近はここの抵抗をよく使っています。この中でも評価の高いのがAMRSというカーボン抵抗です。カーボンといえども侮れないと思います。あと、AMRG 高級品です。(AMRGは高価なのでまだ一度しか使っていないのと比較して使ったことがまだないのでどれだけ違うかはまだ不明です。ただ馴らしには時間がかかるそうです。)
金属皮膜タイプ(AMRA)もありますが、音的にはAMRSのほうが評価は高いです。
あまり先入観を持って聞いてもよくないと思いますので個人的な評価はなしにして、いろいろな抵抗を聴いているカニさんに評価していただけたらと思います。
ちなみに先日作ったDAC9018Dは初めて利久抵抗を使ってみました。
あと、今回初めて見たビシェイSMM、すごく気になります。でもRSで50個からだと初期費用がかなりになりますね。ちょっと導入には躊躇します。
コストパフォーマンスとったらやはり利久なのでしょうか?

他にもたくさん教えて頂きたいことがあるのでよろしく「お願いします。素人のような質問ばかりかと思いますがお許しください。

Re: No title

aizzakさん

こんばんは。
blogへのご来訪、ありがとうございます。

抵抗の評価ぜひお願いします。
私も私なりにいろいろ比較してきたつもりなんですが、
私のシステムで、NFB抵抗の一箇所だけを評価しているに過ぎませんからね。
前提変われば評価も変わる。
私の評価と他の方の評価は、きっと違うものになるんだろうなあ。。。

アムトランスさんは、名前はずいぶん前から存じ上げてますが、
部品を使用したことは、まだありません。。。
真空管派の方には、有名なメーカーさんなんでしょうか?

AMRSとAMRGですね?
取り寄せて音を聴いてみます!
情報ありがとうございます!
カーボン抵抗は遥か昔にリケノームを使ったきり、ノーマークでした。

カーボンといえば、利久のRDも音が良いという噂ですね。

ビシェイSMMはMouserで少量から安価に入手できるみたいですね。
私がアッテネータに使ったものは、Mouserで買いました。
初めて利用しましたが、クレジットカード払いでdigikey並みに利用できる商社さんみたいです。
もしご興味がありましたら、少量でしたら差し上げますよ。
宜しければtriesteaudioあっとgmail.comまでご連絡下さい。

>コストパフォーマンスとったらやはり利久なのでしょうか?
これはもうその通りですね。3円で最高レベルの音!
困った時は利久で決まりですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secret

プロフィール

カニ

Author:カニ
DACやアンプの自作がメインの、オーディオブログです。
自作基板の頒布も行なっています。カテゴリ「頒布」をご覧下さい。

ニアフィールドリスニングや、ポータブルオーディオにも手を染めたいんですが、いつになることやら。。。

繊細で柔らかい音
実在感のある音
を目指して、
ゆっくり、ゆっくり、潜航中。

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

最新記事

リンク

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。