FC2ブログ

SATRI SCA-7511Mk3パワーアンプの試聴(6)

試聴屋さん曰く、
「SATRIアンプはホーンシステムなどの高能率なスピーカーと組み合わせると本領を発揮します」
だそうです。

ああ、そうなんですね。
ホーン、ホーンねえ。。。

あ、うちにもホーンがあるじゃないですか!
JBLが!

というわけで、ちょっと頑張って、スピーカーをAlpair10からJBL4428に交換してみました。



SATRI-6.jpg
それにしても、スピーカーもスピーカー台も重過ぎです。
腰をギックリやってしまいそうで、ヒヤヒヤもんの交換でした。

久しぶりに4428をちゃんと聴きます。
まずは、LH0032アンプを繋いで、音出しです。
・・・おお、音場の出方にすごい違和感が。。。
楽器の音がバラバラに聞こえるし、音像が平面的にムワッと広がります。
全ての音が曇ってます。
低域もボンボン言ってるし。。。

LH0032アンプはBTLなんですが、それとの相性が悪いのかな?
試しにBTLのマイナス側の接続をやめてGNDに落としてみましたが、あまり変わらず。。。
いや、これは長時間聴いていたくない音です。。

ん、大分悪いことを書いてしまいましたが、
JBL4428は決して悪いスピーカーではないと思います。
カニの耳がフルレンジの(というかAlpairの)クリアで定位抜群の音に慣れてしまってるので、
それと比較すると、どうしても劣った音に聴こえてしまうんだと思います。



さて、LH0032からSATRIに繋ぎかえてみると。。。

平面的に広がっていた音場がいくぶん収まり、そのかわりに奥行き方向が広くなりました。
Alpairに比べるとまだまだですが、かなり聴き易い音場です。

そして、やはりボーカルやサックスの音に実在感を感じます。

更に、Alpairでは分解能や硬質感が少し気になったんですが、
スピーカーの曇りと良い感じにブレンドされるのかな?
尖ったところのない、滑らかで落ち着いた印象を受けます。

帯域バランスも申し分ない。
低域も、しっかり制動されていますね。

う~ん。
JBL4428の場合
SATRIとLH0032では、SATRIの圧勝です。
スピーカーとアンプの弱点が、うまく補い合っています。
ホーンとの相性というより、マルチウェイスピーカーとの相性が良い感じですね。
スポンサーサイト



tag : レビュー パワーアンプ SATRI JBL 4428

Secret

プロフィール

カニ

Author:カニ
DACやアンプの自作がメインの、オーディオブログです。
自作基板の頒布も行なっています。カテゴリ「頒布」をご覧下さい。

ニアフィールドリスニングや、ポータブルオーディオにも手を染めたいんですが、いつになることやら。。。

繊細で柔らかい音
実在感のある音
を目指して、
ゆっくり、ゆっくり、潜航中。

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

最新記事

リンク

カウンター