FC2ブログ

ディスクリートオペアンプ二種 基板頒布します

既存のオペアンプと置き換え可能な、ディスクリート部品で構成されるオペアンプ:Bathyscaphe(バチスカーフ)と
既存のオペアンプとの置き換えも場合によっては可能な、無帰還0dBアンプ:BomBomb(ボムボム)の
二種類のアンプを基板化しました。
その頒布案内になります。

9/20 バチスカーフ売り切れました。どうもありがとうございます。残りはボムボムのみになります。

DOPA4_5.jpg

詳しくは、カテゴリ「オペアンプ」の過去の記事をご参照下さい。
今更ながらディスクリートオペアンプを探求する(1)
今更ながらディスクリートオペアンプを探求する(2)
今更ながらディスクリートオペアンプを探求する(3)
今更ながらディスクリートオペアンプを探求する(4)



【頒布品】
・バチスカーフ v1.1基板 2枚1セット
・ボムボム v1.1基板 2枚1セット
を、送料込み、1セット各750円でお分けします。
ボムボムの回路図は、購入された方に発送連絡と共にお送りします。

頒布ご希望の方は、メール件名「基板注文」として、triesteaudioあっとgmail.com宛てにメールをお願いいたします。
メール本文には、
・郵便番号
・住所(送付先)
・氏名
・電話番号
・ご希望の基板名
・基板の希望セット数
・お支払い金額の合計
を明記下さい。

発送は、基本的に定形郵便で行います。

【注意事項】
・この基板は、オーディオ自作に必要な知識と道具をお持ちの方で、
 本ページに挙げた情報のみで、使用方法が理解できる方を対象とする実験基板です。
 自己責任のもとで基板を使用いただくようお願いします。
・注文メールを頂いた場合、受領メールを当方から差し上げます。
 そこに当方の連絡先と振り込み口座を記載いたします。
 当方からのメールが数日しても届かない場合、恐れ入りますが本記事のコメント欄等を利用してその旨をお知らせ下さい。
・振り込み確認後、基板を発送いたします。
・都合により、メール頂いてから発送まで1週間程度かかる場合があります。ご容赦下さい。
・在庫切れの場合は当記事にてご案内します。

【基板の使用方法詳細】
まずは過去の記事を参照頂き、回路図の通りに部品を実装下さい。
カニが推奨する面実装抵抗はビシェイSMM0204、面実装コンデンサはECHUです。
ボムボムのR12 R13は、Ohmite WNAR50FET 0.5Ωを推奨します。

【9/14追記】
ボムボムの使用方法が簡潔過ぎて分かりにくかったかもしれませんので
補足します。
このアンプは0dBアンプなので、入力電圧をそのまま出力します。
ピン配置は、下図のようになっています。
DOPA4_7.jpg

既存のオペアンプ回路に使用する場合、
例えば元の回路が非反転増幅回路であれば、特に回路を変更する必要はなくそのまま既存のオペアンプと交換できます。
DOPA4_8.jpg
R1・R2は出力の負荷抵抗として接続されていることとなり、取り外す必要はありません。

元の回路が反転増幅回路であれば、下記①~③のような回路の変更が必要になります。
DOPA4_9.jpg

基板上の改造は、赤×部をカットして青線部をジャンパーすることになります。
DOPA4_3.jpg

その他、I/V回路への適用は無理だと思って下さい。
差動増幅回路への適用もできなくは無いですが、ちょっと、改造規模が多くなり簡単ではありません。
スポンサーサイト



Secret

プロフィール

カニ

Author:カニ
Twitter始めました。

DACやアンプの自作がメインの、オーディオブログです。
自作基板の頒布も行なっています。カテゴリ「頒布」をご覧下さい。

ニアフィールドリスニングや、ポータブルオーディオにも手を染めたいんですが、いつになることやら。。。

繊細で柔らかい音
実在感のある音
を目指して、
ゆっくり、ゆっくり、潜航中。

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

最新記事

リンク

カウンター