FC2ブログ

SATRI SCA-7511Mk3パワーアンプの試聴(5)

まだまだ続きますSATRIアンプ。

今回はこんな接続です。



SATRI-5.jpg

SATRIが2台に増えてしまいました!
上が今まで聴いていたパワーアンプ
下が新しく届いたプリアンプです。
試聴屋さんが、「SATRIプリの音も聴いてみませんか?」と、送ってきて下さいました。
むむ、商売上手ですね~試聴屋さん(^^)

このプリアンプは、今までのパワーアンプと同じ使い方ができるんですが、
背面にプリの出力が追加されています。
内部回路の違いは下記のようです。
・アッテネータではなく通常のボリュームが付いている
・SATRI-ICはEXではなくてSP
・DCサーボ回路のアンプが、オペアンプではなくSATRI-IC(V10回路と呼ぶらしい)に変更されている。
・電流出力にも、通常の出力ではなくSATRI-ICが追加されている。

で、まずはパワーアンプとしての音を聴き比べてみました。

今までのほうを①、新しく届いたほうを②と呼びます。
音の印象は、②のほうが①よりも高域が締まって出るようになります。
そのせいかな?中域の透明度が上がります。ボーカルがよりリアルになりました。
音場も少し広くなったかな?
オケでの各楽器の音も、より自然になりますね。

①と②の音の違いは、どこに起因するんでしょうね?
DCサーボあたりかな?

②はボリューム仕様ですが、解像度が下がる感じはありません。
①と同等以上に細かい音が聞こえます。

さて、次は、プリアンプとして使ってみます。
②のプリアウトと①を、①とスピーカーを繋ぎます。
②と①は電流接続にします。

む、音が厚く柔らかくなりますね。
ヴァイオリンの音など、耳あたりが優しくなります。
ヴォーカルも蕩けるような声を聴かせてくれます。

音の純度は少し下がるかな?
ピアノ曲が一番気持ちいいのは、②をパワーアンプとして使った時です。

プリアンプは、音に色づけするための装置なんでしょうね。
その日の気分で、プリアンプの有り/無しを使い分けても良いかもしれません。
スピーカーとの相性もありそうです。


最後に、②のヘッドホン出力を確認してみました。
あれ?こちらはハム音が全くないです。
S/Nの良さがいっそう際立ちますね。
スポンサーサイト



tag : SATRI パワーアンプ レビュー 比較 プリアンプ ヘッドホンアンプ

Secret

プロフィール

カニ

Author:カニ
DACやアンプの自作がメインの、オーディオブログです。
自作基板の頒布も行なっています。カテゴリ「頒布」をご覧下さい。

ニアフィールドリスニングや、ポータブルオーディオにも手を染めたいんですが、いつになることやら。。。

繊細で柔らかい音
実在感のある音
を目指して、
ゆっくり、ゆっくり、潜航中。

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

最新記事

リンク

カウンター