FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Xマウントの標準ズームレンズを吟味する。

我が家の富士フイルム Xマウントのレンズ達は、よく使う順に
・XF35㎜ F1.4 (画質が素晴らしい!)
・Samyang 12mm F2.0 NCS CS
・XF18㎜ F2.0
・XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
です。

そこに、広角~標準域をカバーするような、小型ズームレンズを追加したくなりまして、
以下の三本を実写比較してみました。
・XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ
・XC16-50mmF3.5-5.6 OIS II
・XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
DSCF6188.jpg



さて、これらのズームレンズに求めることは何か?
書き連ねてみます。
A.山に行くと広角で撮影したい機会が多く、広角側焦点距離がなるべく小さい標準ズームレンズが欲しい。
B.単焦点レンズ群との使い分けとして、また、手持ち動画撮影に対応するため、光学式手ぶれ補正内臓であること。
C.XF18mmF2は、画像周辺の解像感が低く、遠景を撮影するのに向かない。そこを補えるような、遠景の画質が良いレンズ。
D.草花などの近接撮影でも、そこそこ見られる画質であること。
E.基本的にサブレンズの扱いなので、なるべく軽量コンパクトであること。
F.夕暮れ時の撮影のために、F値はなるべく小さくしたい。
特にA~Cが必須項目です。

もともとは、X-T100のダブルズームレンズキットとしてXC15-45だけを持っていました。
しかし、いざ撮影してみたところ、その絵が好みに合わないことが何度かありました。

例えば、この写真。
DSCF5608.jpg
X-T100+XC15-45mm(15mm,/F3.5)
特に画面右下が、流れるようなボケ感になっていて、カニ的には気になります。
それで、XC16-50ⅡやXF18-55に手を伸ばしてみた次第です。

で、早速いきなりですが、比較結果のまとめです。

【XC15-45mm】
・三本の中で最も寄れる(最大撮影倍0.24)
・画像中央の広角側の解像感が、近接~遠景をを問わず、三本の中で一番良い。(良すぎてギスギスする位)
・一方で画像周辺の流れが三本の中で最も多く、特に近接時の写りが好みに合わない。
・中央と隅で焦点距離がずれる(像面湾曲が大きい)ので、平面の撮影には向かない。
・若干、逆光に弱い

【XC16-50mmⅡ】
・XC15ほどではないが、カニの用途としては十分に寄れる(最大撮影倍率0.2)
・広角側は、近接~遠景問わず、画像中央の解像感はそれなりで、画像周辺の画質もそれなり。
 ただし、最近接付近では甘くなってくる。
 絞らずに開放で使っても許容範囲の解像感だが(少なくともXF18mmF2よりは良い)、絞ってもあまり良化しない。
・1m~遠景での望遠端の解像感が、画像中央~周辺まで、三本の中で一番良い。

【XF18-55mm】
・三本の中で最大・最重で、広角側も物足りない。
・あまり寄れないのが不満(ワイド端の最大撮影倍率0.1前後)
・広角側の解像感は、近接~遠景を問わず中央~周辺まで良好
・望遠側の解像感は、遠景の画像周辺がかなり甘い

さて、どのレンズも得手・不得手がありまして悩ましい状況なのですが、
結局、カニはXC16-50mmⅡを選ぶことにしました。
遠景の画質だけならXF18-55を選びたいのですが、寄れない、あまり広角でないことがネックで、最初に書き連ねた条件のAとDを満たしません。

それから、XC15-45mmについては、画像中央の解像感が単焦点並みに素晴らしいです。
ただ、一方で画像周辺はかなり甘く、なんというか「ピーキー」なレンズですね。


参考までに、比較に使用した画像の一部を掲載しておきます。

【近接(約30cm) 広角端 絞り開放】
XC15-45mm
DSCF6012 xc15 f35

XC16-50mm Ⅱ
DSCF6010 xc16 f35

XF18-55mm
DSCF6006 xf18 f28

三枚の等倍切り出し比較。
中央(左から順にXC15-45mm/XC16-50mm Ⅱ/XF18-55mm)
XLens_近接_広角端_中央_F最小
XC15-45mmの解像感が抜きんでています。

左端付近(左から順にXC15-45mm/XC16-50mm Ⅱ/XF18-55mm)
XLens_近接_広角端_左端_F最小
XC16-50mm Ⅱ/XF18-55mmは、木目が割としっかり描写されています。
XC15-45mmは甘く、かつピント面が手前に寄っています。(像面湾曲)


【遠景 広角端 F4.0】
XC15-45mm
DSCF6034 xc15 f56

XC16-50mm Ⅱ
DSCF6037 xc16 f56

XF18-55mm
DSCF6040 xf18 f56


三枚の等倍切り出し比較。
中央付近(左から順にXC15-45mm/XC16-50mm Ⅱ/XF18-55mm)
XLens_遠景_広角端_中央_F4

左端付近(左から順にXC15-45mm/XC16-50mm Ⅱ/XF18-55mm)
XLens_遠景_広角端_左端_F4
分かりにくいですがXF18-55mmが最良です。

右端付近(左から順にXC15-45mm/XC16-50mm Ⅱ/XF18-55mm)
XLens_遠景_広角端_右端_F4
XC16-50mm Ⅱが少々片ボケ気味。。。


スポンサーサイト
Secret

プロフィール

カニ

Author:カニ
DACやアンプの自作がメインの、オーディオブログです。
自作基板の頒布も行なっています。カテゴリ「頒布」をご覧下さい。

ニアフィールドリスニングや、ポータブルオーディオにも手を染めたいんですが、いつになることやら。。。

繊細で柔らかい音
実在感のある音
を目指して、
ゆっくり、ゆっくり、潜航中。

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

最新記事

リンク

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。