FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も宜しくお願いいたします

皆さん、明けましておめでとうございます。
昨年は、カニの書き殴りな文章におつきあい下さって、どうもありがとうございましたm(_ _)m



このblogを立ち上げたのは、昨年の3月でしたか。
それから、カニのオーディオ環境が、予想もしなかった方向にドンドン変わってしまいました。
(いや、とても良い方向への変化なんですが^^;)
アンプやスピーカー、はたまた電源に、ここまで深入りすることになろうとは。。。


blogを始める前は、ネットの情報を参考に、試聴などをあまり行わないでオーディオを組んでいました。
この部品とかこの機器の評判が良いから、カニが聴いても良い音がするはずだ、
なんてね。

しかし、blogを始めてからは、一つ一つの要素を試聴して検証するようになりました。
そうしたところ、、、
世間で評判の良い部品や機器が、必ずしもカニの好みの音を出すわけではないことに、気がつきました。
オーディオを追求するためには、比較試聴が、とっても重要なんですね。

それから、blogを立ち上げたことで、いろんな方から情報を頂くことができました。
SiCダイオードとか、タイムドメインスピーカーとかね。
皆さんどうもありがとうございますm(_ _)m
webに上がっていない声は貴重です。
今年も、いろいろとコメント下さると、とても嬉しいです^^


さて、昨年の自作オーディオ業界の動きを振り返ってみますと、、、
PCオーディオ、ES9018、DSD。
このあたりに、大きな変化があったんでしょうか。

PCオーディオは、VoyageからCuBoxに至るまでの、高音質音源PCの進化や
XMOS等のハイサンプリングDDCの普及が、目覚ましかったですね。
しかし、この進化は、まだまだ途上なんじゃないでしょうか?
というのも、導入の容易さや使い勝手まで含めて、再生機器として完璧なものが登場していないように見えるからです。
ですので、カニとしては、これらの動きはまだ様子見です。
(PCオンチなので、ついていけないだけですけど^^;)
その代わり、高音質DDCの別な切り口を模索してみたいですね。

ES9018も盛り上がりましたねえ。
このチップのクリアな音は、何ものにもかえ難いですよね。
カニもメインDACにES9018を使ってます。しかし、カニの好みである
「繊細で柔らかい」
とは、少し趣きの異なる音です。
(あえて趣きの異なる味付けで、DACを仕上げたせいもありますが)
DACについては、まだまだ模索が必要そう。

DSDの進化は、昨年一番びっくりしたことでした。
というのも、カニはDSDの音をなめてたんですよね。。。
ElectrartさんのUDA基板を使って、回路構成を極力同一にした上で、PCM176.4kHzとDSD128を比較試聴した時には、
DSD128のほうが良いものの、大きな音質改善は感じなかったんです。
(DSD256、DSD512は試聴できていません)
それから、PCM音源をPC上でDSD変換するようなことも、手間がかかるので抵抗がありました。

そんな中、ElectrartさんのPCMtoDSD256基板とDSD原理基板が登場しました。
カニはこの基板を入手できていませんが、これだと手軽にPCM音源をDSD再生できますね!
そして、音の評判も相当に良いみたい。
この手法は、進化の早いデジタル機器の中にあっても、当分の間、ベストチョイスとして君臨しそうな気がしています。
カニも、今年はこれを導入してみたいですね。


いやはや。
また、いつものように書き殴ってしまいました、、、
今年も、「繊細で柔らかい音」を目指して、
適度に理論的でありつつ、適度に感覚的でありつつ、
深く突き詰める一方で、全体のバランスも大事にしながら
カニなりに、オーディオの本質を追及していくことにしましょう。
スポンサーサイト

No title

カニさん
今年もよろしくお願いいたします。

年末のバタバタしている間に、無帰還アンプが終了していました。
デジタルチャンデバ導入とマルチ化を狙っておりまして、、ホーン
を受持つアンプに考えていました。
下の足りない所は、私もサブウーハーかな?
 *こんなのttp://www.linkwitzlab.com/woofer.htm
  もあります。
ある程度の大口径で開放型で成り行きにまかすか、
Alpair10を密閉で使いデジアンとグライコで力で制御
するか? 実際どうなんでしょう???
一番上に、ELAC 4PIPLUSも欲しいのですか先立つ物が、、、。

カニさんと御家族様の、ご健勝とご発展を祈念いたします。

明けましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
別便でMCOM基板をお願いしました。
お仕事が忙しそうで何よりです。忙中にありながら独自の開発姿勢は感心しますね。
 PCオーディオは確かに再生機器としての完成度はまだまだかなと思っています。SDtrans384クラスのトランスポートをアンドロイド端末で自由自在に操れるようになれば完成形に近いでしょうか?
 今はまっているのがDDCで、安物から中級品まで改造ベースになりそうなものを片っ端から試しています。
 一番効いたのがパスコンをECHUやPMLCAPへの換装です。USBアイソレータのパスコンも音質に極度に敏感。ということは抵抗もそうだろうということで、カニさんはパスしたみたいですがSUSUMUの1/8Wものに換装したら二週間ほどしたら化けました。アルファやVishayのZ foilのチップ抵抗を試そうとしています。まあ、ディジタルもアナログですね。
 P2D基板はラッキーにもゲットできそうなので、いろいろと楽しみが増えそうなこの頃です。今年もよろしくお願いします。

Re: No title

bfratさん

明けましておめでとうございます。
こちらこそ宜しくお願いいたします。

無帰還アンプは早々の終了となり、すみませんでした。
数がまとまりそうなので、再製作する予定です。
ご希望であれば、一度メール頂けますか?


>  *こんなのttp://www.linkwitzlab.com/woofer.htm
>   もあります。
おお、面白そうですね!
これは通常の後面解放よりも、回折角を90度増やして回折の影響を少なくした、ということでしょうか?

当方、スピーカーはノウハウが無いので何がベストシステムかを考えるのに苦労しています。
とりあえず、手持ちの小口径ユニットと大口径ユニットの低域部分を聞き比べると(厳密比較ではないですが)、
・小口径は低域分解能が高いがスカスカで、ローブーストすると歪みっぽくなる。
・大口径は低域分解能が甘く鈍い
のかなあと、漠然と思っています。
当方のシステム構成や聴くジャンル的に、小口径のほうがあってそうだと判断しました。

ELAC 4PIPLUSですか!
ツイーターは完全に未知の世界です(@o@
うちでもそのうち試してみないと、ダメだなあ。。。
オーディオは、聞いてみないと分からないですからねえ。

Re: 明けましておめでとうございます

simonさん、ご無沙汰です。
今年も宜しくお願いします。

MCOM基板の件、了解です。

相変わらずそちらも精力的に活動されているようで、素晴らしいですね。
また色々教えて下さいm(_ _)m
なかなかsimonさんのスピードには、付いていけませんが、亀足なりに頑張ってみます。

PMLCAP試されたんですね。
こちらは千石で新発売になった、WiMAのPPSコンが気になってます。

進の抵抗良いですか~。
昔使っていたニッコームや、昨年試したチップ抵抗の音質があまり好みではなかったので
今のところ、進に良い印象が無いんですよね。
カニの勝負下着ならぬ勝負抵抗は、アルファとvishayの箔、またはSMM、アナログ回路なら巻線も有り。という感じです。

P2D良いな~~。。。
今年の密かな目標は、デジタルもアナログも自給自足だったりします。
1年後には、自作できていると良いな。。。

カニさん

 SUSUMUの抵抗はいきなりVishayのZ foilは使えないので、とりあえず、高精度、高安定の抵抗を探していたら引っかかったまでです。DDCメーカーのチップ抵抗がどのようなものなのかわからないので、とりあえずの基準として利用してみました。予想以上によかったので、倍以上するpanasonicの抵抗なども試してみます。アルファやVishayはある程度の確信を持ってでないとオーダーはできません。 MCOMは100オームだけなのでオーダーしなくても換装可能ですね。
 最初は変な付帯音が付いてくるような感じでした。情報量は増えているような感じだったので、DDCの外部電源に高耐圧小容量のオイルコンデンサやらテフロンコンデンサやらをぶら下げてみると、当たり。どこまで行っても電源の質が大事という当たり前の結果でした。

Re: 進

simonさん

なるほど。
進の経緯、納得です~。

チップ抵抗で高音質なものはなかなか無いですよねえ。
製造プロセスが関係しているのかな?

Z-FOILは私もすごくやりたいですが、、、
高給取りになってからの、夢ですねえ。。

電源はホントに手をかければかけるだけ良くなるので、妥協ができなくて困ってしまいます。。。

ていうかデジタル系にもバンバン高級コンデンサを使われてるんですね。。。!
昨年買ったテフロンコンは、無帰還アンプに使用予定で
それ以外の私の機器は、せいぜいPPSコン止まりですねえ。。。

PPSコンといえば、千石でWIMAのものが販売されてますね。
Panaのものより大容量なので、音が良いことを期待してます。
そのうち評価することになりそうです。
Secret

プロフィール

カニ

Author:カニ
DACやアンプの自作がメインの、オーディオブログです。
自作基板の頒布も行なっています。カテゴリ「頒布」をご覧下さい。

ニアフィールドリスニングや、ポータブルオーディオにも手を染めたいんですが、いつになることやら。。。

繊細で柔らかい音
実在感のある音
を目指して、
ゆっくり、ゆっくり、潜航中。

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

最新記事

リンク

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。