スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M.C.O.Mの製作(1)

待ちに待ったPCBがキタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!

MCOM001.jpg
M.C.O.MReレス無帰還アンプです。

よ~し。
まずは、M.C.O.Mを作っちゃうぞ~~!!



M.C.O.Mは、今回はマット調の黒レジストで作ってみました。
MCOM003.jpg
なんか見たことのないような、不思議な感じ。。。ICの質感に似ています。
これ一枚でICって感じで、なかなか面白いんじゃないかな?
でも、はんだ付けすると、フラックスの汚れが目立ってチョト残念。

一緒に写っているのはMicro0032。
M.C.O.Mは30×38mmで、短辺がMicro0032と同じ位のサイズです。


さあ、製作開始!
こんな小さい基板だから、作るのは超簡単です。
。。。と思いきや?


これ、結構、はんだ付けレベルが高いです。
チップTRが結構、ピン間が狭いのと、
リフロー前提のランドパターンにしちゃったので、ランドが小さくて実装の位置にシビアです。

結局、4枚作るのに、半日以上かかっちゃいました。
なんか、DAC9018Dを作った時のような疲れが。。。

特にCのはんだ付けが、ミッチミチです。
MCOM004.jpg
MCOM005.jpg
ECHUははんだ熱に弱いですしね!何個かダメにしてしまいました。

JFETは、2SK209の予定だったものを2SK771に変えてみました。
両方、調達してあるんですが、なんとなくサンヨー石のほうが良さそうな気がしたので。。。

チップLEDの方向は、↓の画像を参考にして下さい。
MCOM006.jpg
LEDの黒いポチが見える側が、基板の「M.C.O.M」の刻印がある側を向きます。

さて、これで、完成~!
簡単に動作確認してみましたが、とりあえず動きました。
ただ、はんだがしっかり付いていない箇所があって、一発動作とはいかず、再はんだに少々手こずりました。
やっぱりはんだ付けレベルは高いものが要求されます。


あとはオシロで確認したり、音を聴いたりしなきゃあなりませんが。。。
今日はここまでです。

しばらくは、お仕事優先で生活しますんで、週一で少しずつ確認していくことになります。
頒布まで、もう少し時間がかかりそうですが、どうかのんびりお待ち下さいませm(_ _)m
スポンサーサイト

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secret

プロフィール

カニ

Author:カニ
DACやアンプの自作がメインの、オーディオブログです。
自作基板の頒布も行なっています。カテゴリ「頒布」をご覧下さい。

ニアフィールドリスニングや、ポータブルオーディオにも手を染めたいんですが、いつになることやら。。。

繊細で柔らかい音
実在感のある音
を目指して、
ゆっくり、ゆっくり、潜航中。

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

最新記事

リンク

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。