スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイムドメイン教に入信?

入信?
いや、まだ敷地に足を踏み入れた位ですけど。。。

スピーカーをプチ試聴したことがきっかけで、
タイムドメインLightを購入してみました。

これは独特の魅力がありますね。
こんなスピーカー、自作してみたい!!



タイムドメインのスピーカーはですねえ、
以前、実際に試聴したのはminiだったんですが、
ネットで評判の良い、lightのほうをチョイスしてみました。
E60_105.jpg


ヤフオクとかで探してみたものの、lightはあんまり値崩れしないみたいですねえ。
何度か落札を逃してしまって、え~いもういいや!って勢いで、新品購入です。

miniはプラスチッキーな外観で、その分、中身にお金掛けてます!って感じでした。
lightはというと、白い品のある塗装がされていて、見た目はminiより高級感があります。

で、音を聴いてみると、、、

やはりピュアオーディオと言うには苦しい部分もありますが、
記憶に残っているminiの音ほど、チープな感じじゃ無いなあ。
低域はさすがにスカスカですが、中音域を軸に、人の声が自然に聴こえるように、帯域バランスが成り立っている感じ。

そして、一番の特徴が、明瞭な音場。
楽器がそれぞれどこで鳴っているか、手に取るように分かります。
これは、良いものだ~。

で、とりあずオーディオマニアの嗜みとして、内蔵アンプは弄ってしまいます^^;
E60_106.jpg
Rはオール利久。Cは秋月の高分子薄膜やOSコン、ニチコンHZなど。
特にカップリングコンは、入力の0.1uFですら電解コンが使われていました。せめてここだけでもフィルムコンに置き換えると、大分クオリティが違うんじゃないかな?

改造によって、分解能が上がってチープさがずいぶんと払拭されました。

このlight改とE60改を比べると、分解能やレンジ感などは、さすがにE60改のほうがずっと良いんです。
light改は、鈍いし、中低域がボンついたりしています。ピアノ曲などは聞くに耐えない感じ。
でも、ボーカルものや管楽器などでは、そんなに嫌な感じはしません。
ずっと聴いていても疲れない感じ。
そして多くの曲で、light改のほうが妙に実体感があるんですよね。
音場は両者で拮抗しているように聴こえるんですが、
light改のほうが、より広がり感があるというか、楽器が見える感じがするというか。。。
うまく言葉に出来ないんですが、ともかく差があるんです。

light改は外付けアンプなどに繋ぐと、更に音場が良くなりそうですね!
フル改造して恐ろしい音が出ている方も、いらっしゃるようです。
そんな情報を見てしまうと、カニも真似したくなっちゃいますが。。。
アンプ内蔵でお気楽なところがlightのアイデンティティのひとつだと思いますので、これ以上の改造は、控えておきます。

そのかわり、タイムドメインのコンセプトを取り入れたスピーカーを自作してみようかと思います。

タイムドメインの音場の良さはどこから来るのか。。。
①フルレンジ
②卵型のエンクロージャーで、内部定在波が発生しにくい
③エンクロージャーがフローティング支持されていること
これらの特徴が、全て効いているんでしょうか?

自作する場合は、これらをどうやって実現すれば良いのかなあ。。。
道のりは長そうだ。。。
スポンサーサイト

アンプ内臓式の魔力

アクティブスピーカーの魅力に目覚めてしまったようですね。

この手のタイプは、ユニットのダンパーレス化や、アンプ部外付けなどやることいっぱいですよ~。

入力のクオリティー

良い音を入れて聴いて下さい。
lightの評価では無く、プレーヤー&ソースの評価のようです

Re: アンプ内臓式の魔力

novakさん、おはようございます。

ひえ~。悪魔の囁きがきてしまった(笑)
これ以上改造するとしたら、アンプ外付けのお気楽じゃない仕様のために、もう一台買いたいんですよね~。

やりたいことが多すぎるんですが時間もお金も限られているので、優先度付けがも~大変です。

Re: 入力のクオリティー

由井さん

おはようございます。
なんと。こんな辺境のblogへのご来訪、どうもありがとうございます。

私の使っている機器はDACからスピーカーまでオール自作なので、ちょっと普通の音ではないのかもしれませんね。
実際、リファレンスとして使っていた市販品(CAPRICEとかノーマルSATRIアンプとかJBL4429とか)の音は、あまり好みではないです。

ソースはカルテットもののJAZZばかりです。ある意味、偏っているのかも。。。

タイムドメインの製品ですと、Yoshii9が私にとって全く未知の製品なので
ショールームに聴きに行かないといけないな~、って思っているところです。
Secret

プロフィール

カニ

Author:カニ
DACやアンプの自作がメインの、オーディオブログです。
自作基板の頒布も行なっています。カテゴリ「頒布」をご覧下さい。

ニアフィールドリスニングや、ポータブルオーディオにも手を染めたいんですが、いつになることやら。。。

繊細で柔らかい音
実在感のある音
を目指して、
ゆっくり、ゆっくり、潜航中。

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

最新記事

リンク

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。