スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CADCADしい日々

ご無沙汰しています。
また大分、時間が空いてしまいました。

このところずっと、基板のアートワークを進めてました。
ようやくゴールが見えてきた感じです。



アートワーク ひとつめ。
M.C.O.M(SATRIチックなモジュール基板)
PCB_002.gif

サイズは30×38mmとなりました。
こいつは規模が小さいので、アートワークにそんなに苦労しませんでしたが、
チップTRが小さいせいで、配線が思ったほど整然と引けませんでした。
例えばベタGNDなんか、基板の外周でしか接続できてなくて、ちょっと残念。。。


そうそう。
話が少し逸れますが、今ちょうど、某掲示板で、カレントミラー回路の歪率低減について議論されているみたいです。
無帰還増幅にもかかわらず、歪率0.0001%以下にできるとかなんとか。。。
勉強になりますね。

M.C.O.M基板を小改造すれば、それらの一部を試せそうです。
カニのToDOリストに加えておこうっと。

なお、歪率低減で音が良くなるのか?という点については、カニは今のところ懐疑的です。

音楽再生における歪み発生の主要因はスピーカーで、その歪率が0.数%以上はあるわけですから
アンプの歪率は、それより一桁小さければ(0.0数%以下)十分なように思います。

また、SATRIアンプとしては、カレントミラーから発生する歪みよりも終段から発生する歪みを、まずは対策すべきでしょうね。
終段の歪みのほうが大きいはずですから。

更に、議論されている回路の中には、電源電圧変動耐性がウィルソン型のカレントミラーよりも劣りそうなものが含まれています。
歪み率が良いのならばそれに越したことはありませんが、それ以外の要素(周波数特性、S/N、電源電圧変動耐性、素子ばらつき耐性、etc)が悪くならないようにしたいですよね。
特に音がどう変化するのか??
ワイドラー型のカレントミラーとSATRIのULの音を聴き比べた経験からして、回路精度よりも部品のクオリティにこだわったほうが、音が良くなるんではないかとカニは捉えています。

。。。と、議論についていける知識など無い身ながら、こんなふうに思いました。
まあ、とにかく試して音を聴いてみるべきですね。



さて、、、
話を戻して、アートワーク、ふたつめ。
自作無帰還アンプです。
PCB_001.gif


サイズは前回試作時とほぼ同じ、163×91mmです。
これがねえ。。。前回よりも素子数が増えたせいで、レイアウトにすごく悩んだんです。
合理的な配線を考えるのは、パズルと同じですね!
でも、その甲斐あって、前回よりも綺麗なアートワークになったかな?
仕上がりがとても楽しみです。


以上です。
あんまり内容の無い記事ですが。。。ま、生存報告ということで。
スポンサーサイト

楽しみなものが、、、、、

こんばんわ、bfratです。
CAD引いていらっしゃると言う事は、、、M.C.O.M楽しみにしております。
出来れば、ヒロさんところのディスクリアンプ基板用評価ボードのように
アドオンして色々と組めるものとセットですと、私のようなレベルの者には助かります。

RSからTHS4631が届きました。
これから試して見ます、こちらも楽しみです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちは

カニさんも某所をご覧になっていましたか。
私はおおかた議論が終わってから気づいて一通りチェックしたのですが
入力ステージのroと出力ステージのCob、アーリー効果の問題などは
私もあそこに書かれていたことに同じ意見です。
(ちょうど先日シークレットつきでコメントに書かせていただいたことと同様です)

改善案も考えてはいますがなかなかコレダ!という解は思いついていません。

UL、EXの回路の概要がわかったのも収穫でしたが、あの規模だとさすがに自作は困難ですね。

Re: 楽しみなものが、、、、、

bfratさん、こんばんは。

M.C.O.M私も楽しみです^^
バグがあると作り直しで頒布も遅れちゃうので、慎重に設計しなくちゃ。。。

基板自体は、オペアンプとして使えば既存のオペアンプと差し替えられますし、
無帰還アンプとして使う場合でも、DIP8ピンなんでユニバーサル基板で割と簡単に自作できるかもです。
でも、仰る通り評価ボードみたいなものがあっても良さそうですね。
ちょっと考えてみます。

お、THS4631注文されましたか^^
発振に注意して(zobelは必須です)ご使用下さいね。

Re: No title

henさん

こんばんは。
先日は情報をどうも有難うございましたm(_ _)m

某所ではたまに、深い議論が起こるんですねえ。
見ててびっくりしました。
こういう所から新たなアイデアが生まれてくると、面白いですね。
Secret

プロフィール

カニ

Author:カニ
DACやアンプの自作がメインの、オーディオブログです。
自作基板の頒布も行なっています。カテゴリ「頒布」をご覧下さい。

ニアフィールドリスニングや、ポータブルオーディオにも手を染めたいんですが、いつになることやら。。。

繊細で柔らかい音
実在感のある音
を目指して、
ゆっくり、ゆっくり、潜航中。

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

最新記事

リンク

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。