FC2ブログ

スピーカーの配置を変更(2)

今日は軽い記事。
前回からの続きです。



その後、スピーカーの位置や向きを微調整したり、吸音のためにカーテンを追加してみたりしましたが、、、

う~ん。。。何かが劇的に変わってる感じがしないなあ。。。
いや。低域の出方も改善されたし、別に不満は無いんですけれど。

感覚的な話ですが、現状のセッティングで作られる音場は、
左右にはスピーカーの外側30cmぐらいまで。
前後には、二つのスピーカーを結ぶ線から奥に1mぐらいまで。
上下には、二つのスピーカーを結ぶ線から上下に1mぐらいまで。
この位の広がりです。
もちろん、聴く曲によってはもっと狭いです。

セッティングによっては、球体音場だとか、後ろからも音が聴こえるとかいう話を聞くんですが、
とてもそこまでにはなりませんね。
現状で不満は無いんですが、一度、それを体験してみたいんですよね。。。

調べているうちに、ちょっと面白いサイトを見つけました。
ページの中程あたりに、
「スピーカーの外側に定位する音」というのがあります。
でもね。。。カニの家だと、ちょうどスピーカーの位置から音が聴こえて外側にいかないです。。。
あともう一つ
「頭の上を飛び越える音」というのがあります。
しかしこれもそうは、聞こえない。。。せいぜい、スピーカーの上1mぐらいの位置に定位するだけです。
音の出だしは、左のスピーカーのもう少し外から聴こえます。

なんか悔しいなあ。。。壁からの反射音をもっと増やさないといけないのかなあ。。。
まずは、音場や定位についての理屈を、もう少し、勉強すべきなのかもしれませんね。

スポンサーサイト



部屋の改造

部屋のセッティングって本当に面倒ですね。

拙宅は元々一つの部屋を間で仕切って兄弟二人で使っております。

法律の関係で完全に独立させると手続きやり直しになるので、天井下50cmくらいが開いていて塀みたいになってます。
この塀のせいで互いに音が筒抜けだわ、通気は悪くて蒸れるわ、反射が複雑になってセッティングが決まらないわでいいことなしでしたが、今年中に撤去工事にかかる予定です。

そうしたら作業スペースにもゆとりが出来て工作が進むかな・・・なんて他力本願になっています。

周りに誰か居る・居ないも作業ペースに影響してるのではと最近思うようになりました。

Re: 部屋の改造

軍曹さん、こんばんは。

部屋が特殊な構造なんですね。
音楽を聴くのも小音量になっちゃいそうな。。。
なんだかいろいろと遠慮してしまいそうです。

以前は寝る間も惜しんでのめり込んでいたようなことに対して、
30代になってから、あまり打ち込めなくなってきたように思います。
なんででしょうね?
その代わりに、やっていて落ち着くものを求めるようになりました。
カニの場合は、音楽を聴いたり、クライミングをしたり、とかかな?

年代が近いと、似たようなことを考えて生きているのかも。。。

Re: 部屋の改造

部屋はお互い様って感じで深夜以外はあまり遠慮してません。

しかしお互い年齢が近いと心境も似てくるのでしょうか。

ここ数ヶ月で休日部屋に篭って工作三昧だったのが、1時間以上かけて遠出するようになりました。

海の家がそろそろシーズンオフになる頃なので、もう一回くらい行こうかな~と思ってます。

昔はドライブ中カセットテープを入れ替えるのが手間でしたが、今はUSBに入れてエンドレス再生できるので楽です。

低域が足りないとかユニットがどうのとか走りながらついつい考えてしまいますが。

Re: Re: 部屋の改造

> ここ数ヶ月で休日部屋に篭って工作三昧だったのが、1時間以上かけて遠出するようになりました。
> 海の家がそろそろシーズンオフになる頃なので、もう一回くらい行こうかな~と思ってます。
わあ。
いいじゃないですか~。そちらの海は綺麗なんでしょうね。
こちらはお盆を過ぎるとクラゲが出て泳げなくなるんですよね。今年は海に行くチャンスを逃しちゃいましたToT
行くとしたら、山だな~。


> 昔はドライブ中カセットテープを入れ替えるのが手間でしたが、今はUSBに入れてエンドレス再生できるので楽です。
> 低域が足りないとかユニットがどうのとか走りながらついつい考えてしまいますが。
ナハハ。これまたおんなじ考えかも。
うちの車は、スピーカーをピュアオーディオ用のに入れ替えてしまいました。
しかしオンボロ車でエンジン音がウルサイので、オーディオにこだわっても意味が無いということが判明しました^^;
Secret

プロフィール

カニ

Author:カニ
DACやアンプの自作がメインの、オーディオブログです。
自作基板の頒布も行なっています。カテゴリ「頒布」をご覧下さい。

ニアフィールドリスニングや、ポータブルオーディオにも手を染めたいんですが、いつになることやら。。。

繊細で柔らかい音
実在感のある音
を目指して、
ゆっくり、ゆっくり、潜航中。

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

最新記事

リンク

カウンター