FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EAD E60使用 ニアフィールドスピーカーの製作

「製作」というほど、たいしたものじゃありませんが、、、

我が家にスピーカーが一台、増えました。
Alpair5のそっくりさんです。



カニはニアフィールド好き好き人間です^^
今までは、すぴ研さんのHDB-800を使っていて、それなりに満足していたんですが、、、

メインスピーカーにAlpair10を使いだしてから、
ニアフィールドでも同様のクオリティで音楽を聞きたいな、と思うようになりました。

で、その候補はAlpair5。
MarkAudioらしい繊細な鳴りをしつつ、高域が相当キレキレ、
という評判なので、メインスピーカーとの使い分けが面白そうだな、と
かなり期待をしていました。

ところが、二つ問題があったんですよね。


一つ目、
ニアフィールドに適したAlpair5用のエンクロージャーが見当たらなかったんです。
例えばすぴ研さんのエンクロージャーだと、高さが27cmあり、おまけにバスレフポートとスピーカーユニット中心との距離が、約20cm離れています。
ポートとユニットの距離って、ニアフィールドでは結構大事なんじゃないかなと思っています。
以前、試しにHDB-ALP7をニアフィールドに使おうとしたんですが、低域と中高域がバラバラに聴こえて違和感がありました。確かHDB-ALP7は、ポートとユニットの距離が25cmぐらいでした。
で、HDB-800だと10cmぐらい。Alpair5用のエンクロージャーも、この値に近いものが欲しかったんです。

ニアフィールドに使えそうな箱というと、
Alpair6用で、mixelさんからこんなものが出てますね。
Alpair6Pの評判が非常に良いので、この商品も気になってました。
しかしデカくてデスクトップには、置けないかな。。。高さが35cmもあります。
机に置いて違和感のないサイズというと、高さ25×幅15×奥行き20cmぐらいで、内容積は4lが限界かな~?

LINFOFさんのAlpair6用のユニットだと、バッチリかもしれません。
ただし値段が結構なものなので、これは今回は、見送りました。


二つ目、
そもそもAlpair5が製造中止で、手に入らない(:_;)
材料難で作れないと聞きました。ヤフオクとかにも出てこないし。。。
代替としてAlpair6Pが推奨されているみたいですが、やはり、ちとデカいのがネックです。


さてどうしようかと思っていたところ、
EAD社のE60というユニットを見つけました。


詳細がよくわかりませんが、MarkaudioのデザイナーがJordan出身なんでしたっけ?
EADのE60はJordanのJX60同一品のようで、Jordanつながりということで、
音の傾向が、E60とAlpair5で似ているのかなと思いました。

というわけで、見つけた瞬間、IYHしてしまいました。。。


じゃあ、あとはエンクロージャーをなんとかしないといけませんが、、、
自作してみる?でも、少し調べただけでも、手に負える気が全くしないんですけど、、、

あ~でもないこ~でもないと考えているうちに、
今度はこんなものを見つけました。
サイズ、内容積が、カニの考えるニアフィールドの限界に近いです。
E60の箱としては小さめで、その分、低域が伸びませんが、まあ下手に自作してボンつくよりはマシでしょう。
ポート~スピーカー中心の距離は、13cmぐらいかな?良いですね。
材質がパーティクルボードなのが、唯一の欠点かな?


これで役者は揃いました!
両者が手元に着いたところで、早速、取り付け~~。

こんな感じに仕上がりました。
E60_001.jpg

外観、なかなか良い感じ^^
E60はフランジ形状がBK85と適合しないので、木工用のヤスリで削って形を整えた後、ボルト穴を開け直しました。
樹脂フランジで柔らかいので、割と簡単に工作できました。


で、音ですが、、、
HDB-800より2ランクぐらい上の音になってくれました^^
上と下がグンと伸びてます。エージング前から、かなり癖の少ない音に感じます。
やはりAlpairに似た音のようです。比較してみると、Alpair10を少し硬くしたような音。
低域はまあ、サイズなりに出てるかな?当然、HDB-800よりははるかにマシです。
しばらく使ってみて、必要ならばサブウーファーを追加してみましょう。

そしてデスクトップに広がる、ミニチュア音場。
これこれ。これがたまらんのですよ♪すぐそこで小人が演奏してます。
いつまでも聴いていたい、感じです。

ちょっと残念なのが、高域の伸びで、これはAlpair10のほうがわずかに優れています。
エージングで改善してくれると、良いのですが。
ちなみにエージングは300時間は必要とのこと。頑張るぞー!


あとは、これに合うコンパクトなDAC+AMPを作らなきゃ!
カニのオーディオ自作は、スピーカーがきっかけになって、始まるみたいです^^
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

カニ

Author:カニ
DACやアンプの自作がメインの、オーディオブログです。
自作基板の頒布も行なっています。カテゴリ「頒布」をご覧下さい。

ニアフィールドリスニングや、ポータブルオーディオにも手を染めたいんですが、いつになることやら。。。

繊細で柔らかい音
実在感のある音
を目指して、
ゆっくり、ゆっくり、潜航中。

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

最新記事

リンク

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。