FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AC電源を改良してみる(3)

前回、このような形で、自画自賛で終わってましたが、、、

気持ちが入りすぎた記事だったかなと、反省してます。。。
もっといろんな改良を試さなイカんでしょと思い直しました。

で、今回は、絶縁トランスを導入してみた、という話です。



絶縁トランスですが、自作しても良かったのですが
初めてのことで勝手が分からなかったので、とりあえず出来合いのものを買ってみました。

この商品です。
レトロな計測器みたいな、外観ですね^^
カニ的にはアリなデザインです。

出力電力ですが、数kVAのものだと、音が鈍ったりうなり音が大きかったりする場合もあるようなので、
小さめの600VAを選びました。
調べてみると、デジタル系の機器を繋ぐのが効果が高いみたい。

で、まずはDAC(FN1242)を絶縁トランスに繋いでみました。

これは、変化度中、といったところでしょうか。
低域が少しすっきりします。量は減るんですが、質は好ましい変化をします。濁り感が薄まったような。。。
中高域も、濁りが取れたような、落ち着いた音色になります。
ノイズが減ったからなのかな?
それから、音像がかなりシャープになりました。
トランスの導入で音像が変わりますか、、、不思議ですね。


これは結構、良い買い物かも?
うなり音は全くありません。

じゃあ次。
SDTransをこれに繋いでみます。

違いは同傾向。
しかし変化具合が、より大きいです。
低域が薄まるのが残念ですが、でも、もうこれ無しでは我慢できない、とすら思ってしまいます。

濁りが少ない、というのは、電池電源の見通しの良さに近くなった、とも言えますね。
ちょうど、絶縁トランス適用前と電池電源の中間ぐらいの見通しに感じます。


絶縁トランス、お勧めです!
3kVA仕様も、いつか買ってみたいと思いました。


話が逸れますが、電流帰還電源の音、あらためて聴きましたが良いですね。
ただ少し、音場が平面的になるような印象があり、どこか改良の余地がありそう。
次回以降、こういった所にもメスを入れようかな?

スポンサーサイト

No title

 あそこの広告は怪しげですが、効果はありますね。

 本体がゴム足なのでインシュレータをかますとまた化けますが、少し腰高かもしれません。

Re: No title

ケンさん

こんばんは。
ホントにあそこは怪しげですよね。
まあ、注目を集めるという意味では大成功のようですし、上手い商売の仕方なのかもしれませんね。

最近、WEの16GAをここで買いましたが、帯域バランスが良くてコスパが高そうです。

インシュレータはそのうち試してみますね。
でも、腰高になるなら3kVA仕様を選択するのが正解だったのかも。。。

Secret

プロフィール

カニ

Author:カニ
DACやアンプの自作がメインの、オーディオブログです。
自作基板の頒布も行なっています。カテゴリ「頒布」をご覧下さい。

ニアフィールドリスニングや、ポータブルオーディオにも手を染めたいんですが、いつになることやら。。。

繊細で柔らかい音
実在感のある音
を目指して、
ゆっくり、ゆっくり、潜航中。

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

最新記事

リンク

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。