FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SDTrans384を聴く(1)

高音質だ、と、巷で噂のSDTrans384。
さる方のご厚意で、カニも運良く入手することができました。

「自己満足のオーディオをしない」が、我が家のモットーなので
現在のトラポ(PC+メモリーバッファーDDC)の音がどの位のレベルなのか、
トラポのリファレンスとなる機器が、欲しかったんですよね。
SDTrans384は、所有者の皆さんが口々に褒められていますんで、
現時点でのリファレンスとして考えて良いでしょう。

果たして、我が家のPC+メモリーバッファーDDCと比べて、どんな音がするんでしょうか・・・?



とりあえず、サクッと動かしたかったので、
手持ちの単三電池で動かしてみました。
この電池、音が良いのかどうかは、全然知りません^^;
電池は秋月で買ったものです。
SDTrans000.jpg


さて、初めて音を聞いた感想は。。。
なんだ、たいしたことないじゃん。
。。
。。。
と思いきや・・・?


SDTransは、とても瑞々しい音に感じます。
分解能はメモリーバッファーに一歩譲るんですが、音が透明?というか、見通しが良い?というか・・・
かたやメモリーバッファーのほうは、なんか黄砂が発生している時の空の感じ、というか、音が黄ばんでいる、というか、
見通しが悪いんです。。。レンジが狭いのかも?
うまく言葉にできなくてすみません。。。

定位もSDTransのほうがわずかに良いように感じますね。
そのせいか、立体感があるように聞こえます。

高域の量が、SDTransのほうがわずかに多いかな?
トランペットの音など、少々、キツく聞こえますね。

それから低域の量が、ずいぶん違います。
SDTransは量も多いし自然にベースが沈み込んでいる感じ。これは凄く良いです。なにこの違い!

音とは関係無いんですが、一つだけ、DAC9018Dとの相性が良くない点があります。
再生する音楽一曲ごとに、ジッタクリーナが一度外れてしまいます。すぐにロックしてくれますが。


う~む。。。
改造などしない素の状態で、これですか!!
確かにリファレンスとされるだけあって、良い音。
メモリーバッファー君が惨敗です。。。

いやあ、この「瑞々しさ、見通しの良さ」は、どこからくるんでしょうか。
もしかして、電池式の特徴なのかな?
カニは今まで電池を使ったことが無いんです。。。


よし、それでは、と思い、
SDTransの電源をメモリーバッファーの5V電源から借用してみました。
すると、、、

ビンゴ!
電池とAC電源の違いみたいですね。
音の瑞々しさが、薄れてしまいました。低域の沈み込みも無くなりました。
この状態だと、さほどメモリーバッファーと差があるようには感じません。
(まあただ、無改造状態で差が無いということは、
 個別給電などの改造をすると、恐ろしいことになりそうですが、、、)

う~む。。。
SDTrans、良いです。
そして図らずも、電池の音が良い、ということも知ってしまいました。。。
困るよ。これ以上、いろんなことに手を出すと、破産しちゃう。。。

アマノジャクなカニは、AC電源でもうちょっと粘ってみよう、と思いました^^;

とりあえず次回は、
「AC電源で電池並みの音を出したいな!」
という話になりそう。。。
スポンサーサイト

電池式

またACで電池を超えるとは大きな目標ですね。

軍曹は電池など面倒くさくてしばらく使ってません。
とかいいつつ以前手に入れたアルカリ電池が去年2月で期限切れてほとんど手付かずで眠っています。
電池同士の接続に半田付けするのが億劫で・・・

オーディオ自作に面倒な作業は数あれど、半田付けした電池交換と半導体の選別は本当にやりたくないですね。

見通し

カニさん

 そうなんですよ。見通しの良さは電源に依存しますね。VortexBoxでもAC電源を切って、電池だけで運用したときの方が、音が良い様な感じです。
 ただ、各周波数帯のインピーダンスは電池が一番高いとは限らないと思っています。レギュレータのデバイスによっては高域のインピーダンスが電池以上になることも理論的にはあり得るので、「頑張るぞー」(笑)。可聴帯域外のノイズは理論的には電池が有利な感じはします。これもやることはまだまだ残っていますね。闇雲に、電解の容量を増やすようなことは避けたいな。

Re: お二方へ

軍曹さん、simonさん

わあ、お二人とも食いつきが早いです(笑)

>軍曹さん
ナハハ。AC電源で電池を超える、とまではいかなくとも、迫りたいと思ってしまいました。
軍曹さんの言われる通り、電池は面倒そうなんですもの。

まあ、無知なるものの勢いということで、生暖かく見守って下さい。
アイデアは、、、わずかしか無いのですけれど。。。

>simonさん

電池、、、まだ全然調べてないんですが、なんとなく、
ローノイズでレギュレーションの良い無帰還電源のようなもの
というイメージを持ってます。
とりあえずAC電源の改良しどころは、一次電圧のリプル除去、と、レギュレータ段のローノイズ化、
かなあと思ってますが、確かに物量に頼らないスマートな方法を、考えたいですね。

SDTransのバイパスコンデンサは固体高分子系ですが、海神無線で売っているこれ
http://www.kaijin-musen.jp/90_5564.html
をパラにしますと顕著に効果が出ます。ところで、聴き慣れた曲をDSD256と比較されたいということでしたら当方で変換してお送りできますのでご連絡下さい。bunpei<at>ta2<dot>so-net<dot>ne<dot>jp

Re: タイトルなし

bunpeiさん

ご来訪、どうもありがとうございます。
千明さんの掲示板ではお世話になりましたm(_ _)m

アドバイスにいらっしゃったんですね!
ありがとうございます。
> SDTransのバイパスコンデンサは固体高分子系ですが、海神無線で売っているこれ
> http://www.kaijin-musen.jp/90_5564.html
> をパラにしますと顕著に効果が出ます。
そんなに効果が出ますか。分解能や立体感に効くんでしょうかね?
・・・と思ったら、前のオーナー様が既にパラ実装済みのようです。
記事にそのことを載せたほうが良さそうですね。

>ところで、聴き慣れた曲をDSD256と比較されたいということでしたら当方で変換してお送りできますのでご連絡下さい。
こちらもどうもありがとうございます。
実はDSD256は既に持っていたりします^^;
sunacchiさんの変換ソフトで作ってみました。
bunpeiさんを始めとする皆さん、DSDの開拓をどんどん進められているようなので、私もかねてから注目させて頂いているんですよ。

ES9018のカテゴリに私なりの改造ネタをいろいろ書いてます。もしお役に立てれば幸いです。

No title

サンリングの銅箔PPSフィルムコンデンサは既に付いているとのことでそれは良かったです。
ところで、私の経験の範囲でSDTransとES9018 DACの組み合わせにてベストだったのは、
1. SDTransから90MHz台のMCLKを出力し、これをES9018のXIに直接入力
2. ソニーDSD Directで変換して作成したDSD256のDFFを再生
3. ES9018のAVCCにはできるだけ高品質の電源を接続
を行った場合です。

Re: No title

Bunpeiさん

度重なるアドバイスありがとうございます。本当にいろいろ試されているのですね。

> 2. ソニーDSD Directで変換して作成したDSD256のDFFを再生
そういえばこれは試せてないです。ソニー製の該当PCにしか同梱されていないソフトなんですよね?
今手がけていることがひと段落したら、試してみたいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secret

プロフィール

カニ

Author:カニ
DACやアンプの自作がメインの、オーディオブログです。
自作基板の頒布も行なっています。カテゴリ「頒布」をご覧下さい。

ニアフィールドリスニングや、ポータブルオーディオにも手を染めたいんですが、いつになることやら。。。

繊細で柔らかい音
実在感のある音
を目指して、
ゆっくり、ゆっくり、潜航中。

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

最新記事

リンク

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。