FC2ブログ

Alpair7、いってらっしゃい

土曜日に、車で知り合いの家へ行きました。
トランクにAlpair7を積んで。

HDB-ALP7.jpg

今まで、良い音を聴かせてくれてありがとう。
これからは、新しい主人がAlpair7を可愛がってくれることでしょう。





このスピーカーは、Alpair7というフルレンジユニットを、すぴ研さんに頂いたHDB-ALP7というエンクロージャーに取り付けたものです。
エンクロージャーの木材は、フィンランドバーチで作って頂きました。


カニは、Alpairというフルレンジユニットに出会ってすぐに、その音に惚れ込んでしまいました。

このユニットは、再生装置としての基本性能がとても高いんです。
どの帯域を聴いても、濁りや曇りや不足がありません。
音の定位は、マルチウェイのスピーカーでは到底実現できないのではないか、というほどに研ぎ澄まされています。

そして、このユニットは、楽器のように音楽を鳴らします。
基本性能が高いので、音楽はとてもリアルなのですが、
そこにはAlpairの持つ美しい響きが融け合っていて、
演奏者とスピーカーが一体となったような不思議な感覚があります。

もしかしたら、
カニがDACやらアンプやらを自作しているのは、
このスピーカーを、もっと美しく鳴らしてみたい、と思っているから、かもしれません。


早速、知人の家でも鳴らしてみましたが
知人もしばらく聞き惚れていたようで、ひと安心でした。


ところで、
知人から、「トータル10万円くらいでオーディオシステムを作ってくれないか?」
とお願いされました。
・スピーカー台とスピーカーケーブル
・CDプレーヤー
・DAC内蔵アンプ(外部アナログ入力付きで)
この位が必要のようですが、
う~んどうしよう。。

せっかくだから、新しい手作りオーディオを考えてみようかな。。。?
スポンサーサイト



tag : Alpair スピーカー

Secret

プロフィール

カニ

Author:カニ
DACやアンプの自作がメインの、オーディオブログです。
自作基板の頒布も行なっています。カテゴリ「頒布」をご覧下さい。

ニアフィールドリスニングや、ポータブルオーディオにも手を染めたいんですが、いつになることやら。。。

繊細で柔らかい音
実在感のある音
を目指して、
ゆっくり、ゆっくり、潜航中。

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

最新記事

リンク

カウンター