FC2ブログ

平成の終わりに

仕事の都合で、15年間住んでいた神奈川県から、埼玉県に引っ越しました。
周囲には自然があり、鳥を見たり草木を眺めたり、のんびりドライブをしたり、心が弾みます。

引っ越しに伴い、6畳の狭さながら、自分の部屋が取り戻せました。
引っ越すまでの数年は、オーディオ部屋は、寝室と兼用になってしまい、自由にオーディオができない環境だったのですよね。
新居で今、久しぶりにメインシステムを鳴らして、音楽に浸っています。

そうそう。
引っ越しのどさくさに紛れて?MarkAudioのPluvia7 HDを購入しました。
エンクロージャーはMIXELのRE9.8です。
DSCF00961.jpg
サブシステムで使用しているAlpair5(v1)よりも、中高域が繊細です。メーカーの着実な技術進歩を感じますね。
静かで透明な音で、気に入りました。

続きを読む

スポンサーサイト



スピーカーの配置を変更

ご無沙汰しております。
blogを一週間更新しなかったのって、初めてかも。。。

皆さん、お盆は楽しめましたか?
カニはオーディオ工作三昧!のつもりだったのですが、
いろいろヤボ用をこなしているうちに、気がつけば本日を迎えてしまいました。
カナシ。。。

書きたいことが、いくつか溜まってしまいました。
今日は、スピーカーの配置のお話。


続きを読む

MAS6116+LM4780 ミニマル・プリメインアンプの制作(8)

先日作ったDAC内蔵MAS6116+LM4780パワーアンプですが、
知人宅へと納品に行ってきました。

いろいろとオーディオ談義をさせてもらい、
「オーディオシステムは本来、どうあるあるべきなんだろう?」
と、あらためて考えさせられた、一日でした。

今回は、普段とはちょいと違ったお話です。

続きを読む

我が家のヘッドホンシステム

我が家のヘッドホンシステムです。

HPAUDIO

家の中では、ヘッドホンをサブシステムに繋ぎますが
外では
TeclastのTL-T51か、自作PCM1794DAC(単三×4駆動)を使います。
最近は、CDを持ち歩くのが面倒なので、もっぱらT51かな?

T51は、DAC部がWM8740×2という高音質なDAPです。
こいつは改造でも有名なようで、カニも頑張って
抵抗:Vishay TNPW
コンデンサ:ECHU
オペアンプ:差動部はLT1678、出力はLMP7732
に交換ました。
ちょっと音が柔らかすぎたので、もう一台T51を買って違うチューニングを施そうかなあ。。。

ヘッドホンは、お気に入りの順に
SONY MDR-800ST
WESTONE UM3-X RC
Etymotic Research ER-4S
ゼンハイザー HD650
Ultimate Ears Triple.fi 10 PRO
です。

ヘッドホンは、GRADOのRS-1とか欲しいんですが
買えるのはいつになることやら・・・

我が家のサブシステム 12年3月

今の我が家のサブシステムです。

PCM1794_CurrentFB

音源:PC
DDC:RUDD14
DAC:自作DAC(PCM1794)
パワーアンプ兼ヘッドホンアンプ:自作電流帰還アンプ
スピーカー:Alpair7(HDB-ALP7)

DACは、お気楽オーディオキットさんから頂いた
「DAC1794D-woDAI基板」と「ASRC」を組み合わせています。
アナログ段は、PCM1794の持つ解像度の高さを生かしつつ、高域の強さを抑えるために
I/V:LH0032 差動LPF部:電流帰還OPアンプ
としています。

電流帰還ヘッドホンアンプは、自分で基板を起こしてみました。
初段:J-FET
カレントミラーはウィルソン型
電力増幅段は、二段構成(基板パターンは三段)
DCサーボ付き
ただ、もともとヘッドホンアンプ用に作ったので
スピーカーの駆動はちょっと苦しい。

電流帰還アンプは、解像度が高く芯がある、素晴らしい音質で
我が家では多用しています。

プロフィール

カニ

Author:カニ
DACやアンプの自作がメインの、オーディオブログです。
自作基板の頒布も行なっています。カテゴリ「頒布」をご覧下さい。

ニアフィールドリスニングや、ポータブルオーディオにも手を染めたいんですが、いつになることやら。。。

繊細で柔らかい音
実在感のある音
を目指して、
ゆっくり、ゆっくり、潜航中。

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

最新記事

リンク

カウンター