FC2ブログ

ポータブルDAC AK4497D-Fluorite の製作(4)

前回でFluoriteの音質チューニングが終了しましたので、
ケースを閉じて、常用し始めています。

ポータブルヘッドホンアンプとしてのコンセプト故に、電源構成など据え置き機に及ばない部分もありますが、
音は、現時点でカニ家最良となっています。

あらためて、回路構成や音質などについてまとめておきます。

続きを読む

スポンサーサイト



ポータブルDAC AK4497D-Fluorite の製作(3)

今回は、AK4497のレジスタ設定毎の音の変化を確認してみました。
PCM再生時のデジタルフィルタによる音の違い、DSD再生時のフィルタ設定、サウンドコントロールの設定などです。

結果、圧倒的にDSD Volume Bypassの音が良く、ボリューム最大時は常にBypassさせることにしました。

ついでにカニ家の据え置きDACとの音の比較を
イヤホンではなく、スピーカーを用いて行ってみました。
Fluorite3-1.jpg

続きを読む

ポータブルDAC AK4497D-Fluorite の製作(2)

完成したポータブルAK4497DACアンプの音を聴いてみました。
PCM(w. SRC) / PCM(w/o. SRC) / PCM to DSD
の三種類の音の比較、および
手持ちのポータブル機、据え置き機との比較です。
Fluorite2-1.jpg

続きを読む

ポータブルDAC AK4497D-Fluorite の製作(1)

またご無沙汰していました。
アンプに灯を入れない日々を過ごしていました。

その間に、オーディオ業界も進歩を続けているようで、
そのキャッチアップとリハビリを兼ねて、ポータブルDAC兼HPAを設計してみることにしました。
コンセプトは「高音質イヤホンで聞く、ピュアオーディオ」です。

続きを読む

プロフィール

カニ

Author:カニ
DACやアンプの自作がメインの、オーディオブログです。
自作基板の頒布も行なっています。カテゴリ「頒布」をご覧下さい。

ニアフィールドリスニングや、ポータブルオーディオにも手を染めたいんですが、いつになることやら。。。

繊細で柔らかい音
実在感のある音
を目指して、
ゆっくり、ゆっくり、潜航中。

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

最新記事

リンク

カウンター