FC2ブログ

低電圧オペアンプの音

AK4497D-Fluorite零号機がなかなか良い仕上がりでしたので、
矢継ぎ早に、一号機を作成してみました。
LOPA02.jpg


懸案であったアナログ段のホワイトノイズ対策に、
零号機で使用したOPA656とは異なるオペアンプを使用してみました。

試聴してみたのは、THS4271、LMH6624、LT6200の三種類です。

続きを読む

スポンサーサイト

久々にオペアンプを聴き比べてみる

前回で、無帰還アンプの基本的な開発は終了したつもりですが、、、

電圧増幅段の、M.C.O.Mの無帰還と帰還での音の違いが気になり
追試をしてみました。

せっかくなので、
・THS4631
・ディスクリLH0032
・M.C.O.Mプロト版
の評価も、してみましたよ。

結論。
M.C.O.Mは無帰還で使うのが一番良い!

続きを読む

SATRI式オペアンプを試す(2)

前回作ったオペアンプに、もうひと工夫してみました。

やはりSATRI式オペアンプ、恐るべき音を出しているように聴こえるんですが、、、
頒布、どうしましょうね?

続きを読む

オペアンプの音(5)

SATRI式オペアンプですが、日々、改良を考えてます。
これはやはり、凄い音になりそう。

で、それはそれとして、、、


今日はまた、別な話です。
初心に戻って、いくつかのオペアンプを聴き比べしてみました。
そして、THS4631に匹敵するオペアンプを、見つけてしまいました!

続きを読む

SATRI式オペアンプを試す(1)

少し前に書いたこの記事の続きです。
SATRI回路チックなオペアンプを作ってみました。

今まで聴いたことが無いような音が出ています。
しかしいくつか問題もあり、、、

続きを読む

プロフィール

カニ

Author:カニ
DACやアンプの自作がメインの、オーディオブログです。
自作基板の頒布も行なっています。カテゴリ「頒布」をご覧下さい。

ニアフィールドリスニングや、ポータブルオーディオにも手を染めたいんですが、いつになることやら。。。

繊細で柔らかい音
実在感のある音
を目指して、
ゆっくり、ゆっくり、潜航中。

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

最新記事

リンク

カウンター